映像制作会社の主な業種

テレビ番組やCMなど映像を制作する映像制作会社は、ディレクターや編集マンの他、カメラマン、シナリオライター等、さまざまな業種があります。

映像制作会社の人気の業種ランキングTop5

no.1

映像制作 プロデューサー

映像制作の責任者であり映像制作を統括する、映像制作に携わるならなりたい重要なポジション。

no.2

映像制作 ディレクター

プロデューサーが作ったイメージに沿って現場で指揮をとって映像制作に関わる職種です。

no.3

映像制作 カメラマン

プロデューサーのイメージ通りの動画や写真を撮影するスキルや、機材を運ぶ体力も必要となります。

no.4

映像制作 動画編集者

撮影した映像や写真をソフトウエア処理で編集を行います。編集スキルが要求され映像を魅力的にします。

no.5

映像制作 音声スタッフ

効果音やナレーションを動画に付加する音声管理を行う職種。魅力的な動画になるか出来栄えに関わります。

動画制作

空中から美しい景色を撮影

誰でも見入るような映像を撮影したい時に、ドローンを使った撮影プランなども提案しているのが人気のある映像制作会社の特徴です。地面からだけでなく空中からも撮影できるおかげで、迫力のある映像を作れるところが評価されており、ドローンなら遠方まで撮影できるほど高いところにも飛ばせます。観光スポットの魅力をアピールしたい時にも最適だと言われており、ドローンを高所に飛ばすことで山などの自然の美しさがアピールできて、一目で観光スポットの良さが伝わると好評です。ヘリコプターなどを飛ばして映像を撮るよりも価格が安いことが多いのが、ドローンを使った撮影に対応している映像制作会社が注目される理由で、自動車にカメラを取り付けるプランに対応する企業も増えています。

短期間での撮影にも対応

新商品などを宣伝するために急いで映像を作る必要がある時に、映像制作会社に相談するとスケジュールを調整してもらえます。商品のどういう点を宣伝したいのかヒアリングを行いながら、CMの内容を調整したら即座に撮影を開始するなど、急いで対応してもらえるのも映像制作会社が頼られる理由です。自社でCMを作ろうとしても内容を決めるだけで多くの時間を使ってしまい、完成が遅れないか不安だという時には、まずは映像制作会社に相談してからサービスを利用するか決めてください。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中